裁判所が行う不動産競売の基礎知識

裁判所が行う不動産競売「けいばい」

 

af9920058177l

裁判所が行う不動産競売とは、債務名義を得た債権者

 

が債務の回収のために、裁判所に申し立てをして債務

 

者などの不動産を裁判所が競売により売却することです。この競売の流れは、裁

 

判所の競売開始決定が行われると、その不動産の現況調査・価格評価が行わ

 

れ、この不動産の詳細や入札期日、最低売却価格などの事項が公告されます。

 

このときに、物件詳細書・現況調査報告書・評価書の書類が作成されされます。この書類は裁判所で誰でも閲覧することができます。

 

この公告された不動産の競売に参加したい人は、保証金を支払い、必要書類を裁判所に提出することで誰でも入札に参加することができます。

 

この入札で最高額で入札した人が買受人(落札者)となり、売却許可決定となります。

 

この期間内に入札がなかった場合は、特別売却となり先着順で売却されることになります。

 

それでも売れない場合は、最低売却価格を下げて競売が行われます。売却許可決定後、納付期限が買受人に通知され、買受人はの納付期限までに、代金を全額納付します。

 

代金が納付されると、裁判所は登記所に所有権の移転登記や抵当権等の抹消登記を嘱託します。

 

その後、買受人には裁判所から不動産の権利書が郵送されます。その後不動産の引渡しで完了となります。